加齢による精子への影響

更新日:

 

近年では晩婚化に伴い子供を作る年齢が上がってきました。
30歳までには結婚して子供が居るのが普通であった昭和までとは違い、現在では30歳で独身であっても珍しくありません。

しかし、性機能の衰えは年齢に比例しており、精子の量や運動率などの数値は加齢と共に低くなっていきます。
一般的に男性は35歳を境に性機能が衰えていくと言われています。

また、精子だけでなく精子に含まれる遺伝情報も重要です。
思春期の頃から何十年も分裂を繰り返していく中で、細胞の加齢などによりDNAの異常が起こる可能性が高まります。

精子の研究は卵子の研究よりもずっと遅れています。
しかし研究されていないわけではなく近年次々に新しい事実が明らかになっています。

ドイツで行われた研究では「父親の年齢が40歳を超えると子供の流産・小児がん・先天的な病気の確率が高まる」という結果が報告されています。
精子の老化…DNA配列の変異増加(読売新聞 Yomi Dr.)

したがって「40歳を超えても精液検査の結果は正常だから大丈夫」だとは言えないのです。
見た目は元気そうな精子でも肝心のDNAに問題があれば大問題です。

奥様が若い場合でも子作りはお早めに。

 

精子提供 関西では提供者(ドナー)の年齢は40歳までという方針で活動しています。
これは妊娠に必要な精子力と遺伝子の異常による悪影響に備えてのものです。

精子提供の個人ドナーとして活動している個人の中には40歳以上の方も居ますが、どんな人を選ぶのかは提供希望者の方の自由です。
子供が出来る事に重点を置くか、子供が出来てからの事に重点を置いているか、どのような人を希望するかなど、一人ひとり違うためです。

より良い選択を、そしてより良い結果になるよう願っています。

 

Copyright© 精子提供 関西 , 2019 All Rights Reserved.