精子提供に潜むリスク

投稿日:

 

個人による精子提供を受ける上でリスクに対する備えは極めて重要です。
貧困を苦に金銭を得る手段として精子提供を行っている場合や、性行為を目的として精子提供を行っている場合も存在するため、子供が欲しいからと焦らずに慎重に提供者を選ぶべきです。

個人による精子提供を受ける上では次のようなリスクに対する備えが必要です。

 

性感染症の感染

感染リスクが高い主な性感染症は「HIV、梅毒、淋菌、クラミジア、B型肝炎」です。
性的な接触や精液を体内に注入する必要があるため、提供者が性病に感染していた場合、提供希望者とその子供にも感染する可能性があります。
感染症による母体や胎児への影響は大きく、母子感染に至る可能性も高く危険です。

 

金銭の要求

匿名な上に個人間でのやり取りになる場合もあるため金銭トラブルも考えられます。
精子提供が生活費を稼ぐ手段として行われているケースは世界中で存在します。

 

タイミング法の強要

精子提供ボランティアの中には性行為を目的として精子提供を行っている人も居ます。
事前の相談などでシリンジ法での提供に否定的な場合は要注意です。

 

撮影や録音

性行為の様子を撮影したり録音することを目的としている人も存在する可能性があります。
撮影された動画で脅迫され関係や金銭を要求されたりするケースが無いとも言えないので注意して下さい。

 

暴行や脅迫、その他の犯罪

困っている人をターゲットとした犯罪は無数に存在します。
密室で1対1になる事もあるため要注意です。

 

学歴や職歴の詐称

提供希望者の中には学歴や職歴に拘る方もいますが匿名であることが多いためそれが事実である保証はありません。
卒業証書などは容易に作れるので、同じ大学を出ていない限り見分けるのは困難です。
職業も証明できないため同様に判断基準にするべきではありません。

 

精子提供 関西では安心散々な精子提供のため様々な取り組みを行っています。
安心・安全のために

 

Copyright© 精子提供 関西 , 2019 All Rights Reserved.