提供方法

基本的な提供方法はシリンジ法になります。
人工授精(AIH)・体外受精にも可能な限り対応しています。
タイミング法の実施には条件があります。

シリンジ法(注入法)

専用の容器に集めたものをシリンジ(注射器)とセットにしてお渡しし、それらを使用してご自身で体内に注入していただく方法です。
必要なものは全て用意していますが、ご自身でキットを用意していただくことも可能です。

容器を体に密着させたり握るなどして温度管理を行い、概ね1時間以内に注入して下さい。
低温・高温に注意すれば3時間程度経っても使用できます。

【シリンジ法のメリット】
比較的容易です。
打ち合わせ次第で直接対面せずに提供を受けることも出来ます。

【シリンジ法のデメリット】
採集する際にどうしても外気と接触するため、採集する環境によっては雑菌の混入リスクや、外気との接触による精子へのダメージによる妊娠成功率への影響が全く無いとは言えません。
また、容器やシリンジに移す工程で少量のロスが発生してしまいます。

シリンジ法の実際の流れ

 

人工授精(AIH)・体外受精

一般的に夫の性機能に問題がある場合(EDなど)に行われる方法です。
基本的に夫婦を対象とした医療行為なので、クリニックによっては断られる場合もありますが、理解のあるクリニックでは黙認されている事もあります。

対応可能な場合が多いのでご検討の場合は面談にてお訪ね下さい。

【メリット】
医療機関で行われる安全な方法です。

【デメリット】
費用がかかります。
・人工授精:1~3万円
・体外受精:30万円~

 

タイミング法(ストレート法)

通常の性行為を行う方法です。

【絶対条件】
・性病検査5項目(HIV、梅毒、淋菌、クラミジア、B型肝炎)がすべて陰性であること

【必要条件】(いずれか1つ以上)
・シリンジ法を1回以上行い妊娠に至らなかったこと
・シリンジ法の継続に時間的な余裕がないこと
・タイミング法である必要性があること
・その他

上記は安全な提供環境を維持するための対策です。
タイミング法を希望される方だけでなく、他の方法を希望される多くの方からも評価されています。

【メリット】
最も自然な方法です。
シリンジ法と比較すると精子の生存率が高く、雑菌の混入リスクやロスも少なくなります。
性的に高ぶっていることで女性側も体が受け入れる体制になり妊娠しやすくなるという研究結果もあります。

【デメリット】
条件を満たす場合のみ可能です。

タイミング法の実際の流れ

 

より良い選択のために

方法につきましては面談ということで実際にお会いし、詳しく説明を聞きながらお考え頂くことを推奨します。
相談の際はドナーの人柄なども観察することが出来ますし、シリンジ法で使う物の現物を手にとって見ていただくことも可能です。

※面談は日程を決めるためではなく、「知らない人」から「会った人」にステップアップすること、そして疑問に答えて解決することを目的としています。

 

更新日:

Copyright© 精子提供 関西 , 2019 All Rights Reserved.